扁壺①
扁壺②
扁壺③
扁壺④

​伊賀の五度焼 "扁壺(へんこ)"

これは扁壺(へんこ)という壷なんですが、ギャラリーの

別ページにある水差しと土の調合を変えています。
そしてこの壷も五度焼きです。


火山の溶岩が流れたような見た目ですが、窯から出た時は真っ黒でした。
そして手を切る位、エッジが立っていたんですが、手入れをして綺麗にしています。


勿論、五度焼きなので、窯に入れる度、自然の変化が幾重にも重なって、
この独特の景色を出しています。
(釉薬を使用せずに制作しているので、無釉陶器となります。)


この点が、「炎の芸術である。」と云われる所以であろうと思いますね。


何度も焼く場合、壊れてしまうことも多く、
「良くなる」か「壊れるか」そのどちらかです。

片山 雅昭    

​解  説

©三原浮城窯 | 陶芸家 片山 雅昭 | 2019